それでも先延ばし病が治らない人のためのサイト
日本語 English 中文
<< 理性と深層心理が運転する車の性質 | TOP | 先延ばし病の対策 >>

他人はあなたの車を遠隔操作できる

他人はこの車を遠隔操作できる

ここまでの話には、ある大前提がありました。

それは、「自分一人の力で取り組む」という前提です。

ところが、この前提を取り去ると、たちまちタスクに取り組めるようになります。

他人の目がある時には先延ばしは起こらない

他人は、ある人の頭の中の車がきちんと走っているかどうかすぐに判断できます。

やるべき作業に取り組んでいれば車は走っています。

テレビやSNSを見てしまっている時は、誘惑や底なし沼にハマっています。

そして他人は、この誘惑や底なし沼にハマった車を、「おい、やるべきことをやれ。そのための時間だぞ。」と一言声をかけることで、いとも簡単に引っ張り上げることができるのです。

それどころか、そもそも他人は、この車を初めから遠隔操作で走らせることが出来ます。

学校の授業やオフィスでの仕事のように「タスクに取り組むための時間」を設定し、その時間中は相手がサボらないように見張ることで、いきなりタスクに取り組ませることが出来るのです。

このページが「良い」と思ったら、シェアをお願いします!

<< 理性と深層心理が運転する車の性質 | TOP | 先延ばし病の対策 >>