それでも先延ばし病が治らない人のためのサイト
日本語 English 中文
<< 行動を決めるのは理性と深層心理 | TOP | あなたは理性と深層心理が運転する車である >>

先延ばし病の起源

全ての心理的作用は進化の過程で身についた

先延ばしを引き起こす深層心理が身に付いた理由を説明する前に、そもそもあらゆる深層心理や本能、感情といったものが、どのような理由で存在するのかを説明します。

それは、一言で言えば「進化の上で有利だったから」です。

ダーウィンの進化論によると、人間を含めあらゆる動物の性質は、それが生存に有利だったから身に付いたのです。

例えば、キリンの首が長い理由を考えると、短い首を持つ者よりも長い首を持つ者の方が高い木についている葉を食べることが出来たから、そういう者が生き残った結果として現在のキリンの首は長いのです。

これと同じことは、本能や感情の面でも言うことが出来ます。

例えば、ご飯を食べて美味しいと感じる者は、そう感じない者と比べて、食事という行動をとるので、生き残ることが出来ます。

痛みを感じる者は、怪我や病気を避けようとする行動を取るので、生存に有利になります。

他人から褒められて嬉しいと感じる者は、他人の役に立つ行動をとるので、殺されること無く生き残ることが出来ます。

このように、身体的な性質だけでなく、精神的な性質も、進化の上で有利だったものが生き残り、今に至っているのです。

先延ばし病は進化の上で有利だった

それでは、先延ばし病はなぜ存在するのでしょうか。実は、これも進化の上で有利だったために、現在の人間の性質として残っていると考えられるのです。

大昔、人間の祖先は、今のような安全な生活を送ってはいませんでした。洞穴のような場所に住み、狩猟や採集を中心とした生活を送っていました。

ここで、AとBという2人の祖先を考えてみましょう。Aは将来手に入る大きな利益を優先し、Bはすぐに手に入る小さな利益を優先します。

ある日、AとBの2人がそれぞれ獲物を仕留めてそれぞれの住む洞穴に持ち帰ったとしましょう。計画的に我慢しながら食べれば、3日分の食事に充てることができそうです。Aは、1日にどれだけ食べてもいいかを計算し、3日かけて食べることにしました。

それに対してBは食べたい時に食べていた結果、1日で食べきってしまいました。

この2人はどちらが生存に有利でしょうか。

一見するとAの方が有利そうですが、2日目に事件が起こります。

なんと、オオカミが2人の洞穴を襲い、Aの肉を持っていってしまいました。

Bは既に食べ終わっていたので、被害はありませんでした。

Aがお腹が空いているのに対して、Bは満足に食べていたので元気です。

このケースでは、Bの方が生存に有利だったということになります。

この話は例え話ではありますが、少なくとも、

大昔の時代に今よりもずっと不確実性が高かったのは間違いないでしょう。

現代では、居住環境などのインフラが整備されていて安全です。

他人の権利を脅かす犯罪者は、警察が取り締まっています。

突然何者かが侵入してきて、本来自分が得られるはずだった利益を持ち去ってしまうことはめったにありません。

でも、人類が進化してきた大昔は事情が違ったのです。いつ、何に襲われて、どんな権利を奪われてしまうか、わかったものではありませんでした。

こういう場合では、「将来得られるはずの利益」が本当に将来得られるかどうか、非常に怪しくなってきます。

将来得られるであろう利益に期待するよりも、今すぐ手に入る利益を確実に手に入れてしまう方が、生存に有利だったのです。

そのため、そのような性質が生き残り、現在の人類に残っているのだと考えられます。

現代では有効に働かない

ところが、人類はものすごいスピードで文明を発展させ、安全な社会を実現しました。

「現代社会だって安全ではない」という意見もあるかもしれませんが、

現代社会の安全性は洞穴で暮らしていた時代とは桁違いです。

そしてその文明発展のスピードは、生物が進化で適応できるスピードよりもずっと速いものでした。

結果として、現代社会での理想的な生き方と、深層心理や本能が要求する生き方の間に不和が生じてしまったのです。

そのような例は先延ばし病以外にもあります。

大昔は食べ物が少なく、食べられるだけ食べるのが良かったために強い食欲が進化して残り、今では多くの人が肥満に悩まされています。

進化の名残は身体的特徴にもあり、尾てい骨や親知らずはその最たる例で、現代では不要とされているものです。

このように、先延ばし病も、人類が進化してきた大昔には有効だった仕組みが、現代に残って不和を生じているものなのです。

このページが「良い」と思ったら、シェアをお願いします!

<< 行動を決めるのは理性と深層心理 | TOP | あなたは理性と深層心理が運転する車である >>